Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ハッピーフェスタwithママンペール2016
0

    昨日は、早朝から出かけ、ハッピーフェスタに参加しました。

     

    写真_1.JPG

    しかし、30分もしないうちに、外には行列が出来ていました。

    設置は、入口に一番近いところに企業ブースがありましたので、

    場所はとっても良く、お陰様でたくさんの人に

    チラシを渡す事が出来ました。

    立ち寄ってくださったママ達、有り難うございました。

     

    お隣が、ECC、県のわーくわーくネットさんで

    特にECCさんは、アンケートに答えたら、ディズニーオリジナルハンカチが

    貰えるとあり、人だかり。その恩恵も受け、

    当社、そして隣のネットさんに流れるという道筋。

    写真_2.JPG

    スタンプラリーのお陰で、必ず立ち寄ってくださり、

    チラシを渡すと、【在宅ワーカー】という

    自宅で仕事ができるだ〜って

    情報を得て頂けて、効果はあったと思います。

     

    今回、バックに【報道パネル】を真似して作ってみました。

    ちょっと離れてみると、やはり派手に思ったけど

    まだまだ目立ちません。

    次回には、2枚長尺を並べて作らないと・・・

    イヤイヤ、幟も作らないと・・・

     

    おまけに作っていた子供さん向けの何かプレゼント。

    1枚の動物の伝言メモ紙

    立ち寄った際にお子様が「可愛い〜」と

    喜んで持って帰ってくれました。

    写真_3.JPG

    当社に導入したカッティングマシンで試作中ですが、

    早速役に立ちました。

     

     

     

    posted by: ncenter | 出来事 | 18:43 | - | - | - | - |
    年賀状印刷サービスといえど…
    0
      毎年、恒例の仕事で年賀状印刷のサービスがあります。
      年賀状印刷なんて、印刷会社さんでも
      お得意様だけに「ついでに請ける」的なムードの中、
      やり甲斐を感じているサービスなのです。

      当社は、直営業の仕事は少ないため、
      地元のお店に取次をお願いしているので
      個人のお客様からの毎年、なんらかの嬉しいお声を聞けるので
      やってて良かったなって、思っています。

      毎年、
      「今年も取次お願いします」とお願いにあがったとき、
      「年賀状儲からんでしょう?」的な厳しいお声を聞きます。
      しかし、毎年私は
      「これは、行事ですから毎年年賀状を頼んでくださる方がいるので続けています」
      と苦し紛れに答えています。

      昨年は、10年以上の常連の年配のお一人暮らしの男性が
      寝たきりになられて、取次店まで行けないので、
      注文はしたいがどうしたらいいか・・・とお電話頂き、
      ご自宅まで配達した例があります。
      ヘルパーさんが週2回来られる時に来て欲しいと。
      現代は、欠礼したいと年賀状を出すのを辞められる
      高齢者も多い中、寝たきりになっても
      年賀状でご挨拶をされようとしている姿に感動しました。

      また、今年は取次店さんから
      「これからは年賀状サービスはニーズがありますよ。確実に増えています」と。
      町の電気屋さんですが、個別にご自宅に伺う仕事なので、
      年賀状も配達もされる時もあるようなのです。

      今年新規のお客様で、ご主人が入院されていて
      奥様が注文してこられ、その後
      納品の電話を何度もしても連絡が取れない。
      やっと連絡とれ事情を聞くと、ご主人の見舞い通いの最中、
      けがをして入院して、退院したところだと。
      そこに、この年の瀬に年賀状が出来上がり
      「宛名印刷してあるので、ポストに投函するだけですよ」と伝えたら
      「あーー、頼んでおいて良かった。助かりました。
      これから毎年お願いしますね」と言われたと。

      当社が宛名印刷サービスを始めて、約10年位経ちますが、
      始める前、宛名サービスをやってる所は聞いたことはありませんでした。
      しかし、高齢の方、忙しい方には年末に宛名を書くことは
      おっくうなことです。
      2−3年前から郵便局も始めて、周りの印刷会社さんでもチラホラ増えてきましたが、
      当社は、こんな喜んで貰えるサービスを始めたのは
      「元祖宛名印刷は入力センターです」と言いたい位です。手

      最近は、更に宅配サービスが課題です。
      毎年DM案内をしているので、
      取次店さんで商品配達している店もあり、
      そちらの利用は辞めても
      年賀状は注文してくださる方もあり、
      年々増えてきています。
      年賀状印刷は、広島市であれば近所のどこかに行けば、
      そこそこあるはずですが、
      やはり面倒なこと。慣れたところに電話かければ
      出来てくる・・・という便利さが利用に繋がっているように思います。

      取次店さんも最初は「儲からない」と、おつき合いで請けてくださっていたと思いますが
      最近、熱心にやってくださるお店も・・・
      こうしてお客様に喜んで貰えることに、やり甲斐を感じるからでしょうか。


      自作のクリスマスツリー
      posted by: ncenter | 出来事 | 13:29 | - | - | - | - |
      夢メッセに参加
      0
        広島県印刷工業組合主催の毎年10月に行われる
        「夢メッセ」に従業員共々参加しました。

        夢メッセとは、毎年テーマを決めて業界の人達で「学ぶ会」みたいなイベントです。
        基調講演+ソリューションセミナー+座学
        と1枚のチケットで1日勉強出来るチャンスが2日間あります。


        さすがに2日間仕事を休み参加すること難しいので、
        当社ではせめて1時限だけでも・・・と仕事を抜けて
        勤務時間に参加してもらっています。

        セミナーは1日12講座ある中から、好きな講座に参加できます。
        毎年チケットを購入し、従業員に参加したいセミナーのチケットを
        渡します。


        今年は間接従業員以外ほとんど出席しました。
        大きな進歩は、今まで経営者・管理職の人しかほとんど参加しなかった
        基調講演、座学に従業員も参加してくれたことです。
        参加していいのですが、みんな「退いている」のです・・・(^_^;)

        基調講演というのも、毎回実行委員会も「今の為になるセミナー」講師に招いてくれているように思います。
        また、土曜日には同じ印刷業界の会社が主催するセミナーもあり、
        福山支部では価値組さんとか青年部もセミナーを開催し
        学生さんや、新入社員さん向けの講座を開催してくれています。

        なかなか、この業界は、技術を身に付けないといけないし、
        求めていることはレベルの高い業務であるにも関わらず
        社会から、成功報酬としては評価は低いといった実態があるため
        若者にも人気のない業界です。
        これは現在勤めている人達の離職率にも関係しています。
        好きでないと続かない業務だけど、一度身に付けると食っていける業種
        でもあります。

        楽に稼げる仕事はないのだということを、認知してもらわないと
        なかなか、現代の働き方というのは、変わらないかもしれません。

        当社の従業員も最初は関心なかったけど、
        だんだん、人気の講師も継続してセミナーがあるので
        夢メッセに行くことが義務づけられた習慣が
        少しずつ出来たように思います。
        座学では食事をしながら、講師の先生とお話が出来、
        同業界の従業員の人達と交流できますので、
        今回は1人参加しましたので、意気投合して楽しそうに見えました。

        学ぶことで、技術向上し、仕事の効率化が進み、
        会社が発展すれば、自分たちの報酬に繋がっていくということが、
        みなさんの「働き甲斐」が湧き、仕事意識の向上を
        期待したいと思っています。



         
        posted by: ncenter | 出来事 | 17:22 | - | - | - | - |
        企業合同説明会に参加しました
        0
          “再就職を目指す女性&シニア”合同説明会に参加しました。
          広島県が、「仕事と家庭の両立」支援の取組をやっていて、
          その委託を受けている派遣会社がイベントを開催しています。

          ハローワークでは在宅ワーカーは募集を出せないのですが、
          こちらでは、在宅ワーカーの説明もOKということで参加しました。

          写真_1.JPG写真_2.JPG
          3時間くらいの間でしたが、何人かお話させて頂きました。

          最近は、短時間の仕事限定のワーカーさんも「MSワーカー」さんとして募集していますが、
          こういう制度がなくても、女性が社会復帰するには在宅ワーカーとして働き始め
          支援していくことは必然と取り組んでいましたので、賛同しています。

          女性は結婚、出産と同時に仕事をする環境が難しくなっていますが、
          現役で仕事を続けることが大切と思っていますので弊社の場合も
          仕事環境の希望を聞き、キャリアアップしてもらえる職場を目指しています。

          在宅ワーカーはリハビリ期間と言ってもいいかもしれません。
          何年も家事育児だけで過ごす日々は、ある意味、
          プレッシャーもない日々でしょう。
          でも、仕事をするとなるとお金を得るわけでストレスが発生するでしょう。
          仕事の勘も鈍っているでしょうし、やりたくないことも取り組まないといけません。

          それらを在宅ワーカーで仕事を請け負いやっていくうちに、
          仕事意識を戻し、プロの入力者として
          パソコンの技術も身に付けるよう指導していきます。
          それらを面倒だと思われる方は弊社には向かないと思います。

          弊社で入力等のワーカーを経験し、
          辞められた方が、事務の仕事に就けました。・・・という声を聞けるのが
          なにより、励みになります。
          折角パソコンの仕事に就いて、ただ同じフォーマットにデーター入力するだけでなく、
          いろんな仕事を経験したワーカーさんは応用力がついていますので、
          私は希望の仕事に就いて貰えると思っています。

          今年春に1年弱ワーカーしていた人が、
          彼女はパソコンはあまりまだ熟練しておりませんでしたが、
          面接に行ったら、弊社のことを名前を聞かれたことがあったらしく、
          「この会社は厳しいんでしょ?」と聞かれたそうです。
          「はい、鍛えられました」と彼女は答えたらしく、
          事務職に採用されたとのことです。

          また、本日嬉しいメールが来ました。
          子供が2才と6才の頃、在宅ワーカー始めて約4年。
          一通りの仕事はすべてこなしていた人で、毎月担当している仕事もありました。
          下の子も小学生になり、就職したいと8月末で辞めた人です。
          ********
          ご無沙汰しております。
          在職中は大変お世話になりありがとうございました。

          ようやく新しい仕事も決まり落ち着いてきましたのでご連絡いたしました。
          退職後、近場で応募しようと思っていたところが、既に採用が決まっており、しばらくハローワークに通っておりました。

          車で15分くらいの所になりましたが、一般事務で採用して頂くことができました。お客様の情報を入力する作業も多く、入力センターで行っていた仕事も評価して頂けました。入力センターで色々な経験をさせて頂き良かったと思っています。

          新しい職場で一から勉強し、今まで教えて頂いた事を思い出しながら頑張って行きたいと思っています。
          ********
          本当にやっていて良かったと思える報告です。
          在宅ワーカーをやっていた期間はブランクではなく、充電中ですね。
          ちゃんと評価して頂けたことは、嬉しい限りです。




           
          posted by: ncenter | 出来事 | 18:30 | - | - | - | - |
          Excel初級編勉強会実施
          0
            去る22日土曜日、初級編の勉強会を実施しました。
            前回は、河村先生で初級編を募集したところ、すぐに反響があり
            人数が集まりました。
            しかし、初級編であれば「入力センターでやったら?」と
            いう河村先生の言葉で、新入社員KTが、進行役をすることになりました。

            しかし、日々Excelは使っていても人に説明するとなると、なかなか難しいもので
            テキスト作りをこの1ヶ月かけて作ったようです。

            初めてなので、いきなり1コイン頂くのも申し訳ないと
            先月、消極的に身内だけで予行演習のつもりで募集したら
            集まりませんでしたので、今回は、少しプッシュをして
            5名の参加の中、デビューしました。


            参加者は女性ばかりですが,30.40.60代とみなさん真剣に聴いて下さいました。
            在宅ワーカーさんも参加していますので
            こうした行事を続けることで、スキルアップしてもらいたいと思っています。

            実はこの日、とっても嬉しいことがありました。
            Msワーカーさん募集(前回のブログ記事)チラシを見たといって
            2つ前の事務所の時に在宅ワーカーをしていたOBの人が
            訪ねてきてくれました。
             ※私の自宅を事務所にして営業していたときです。

            かれこれ、15年以上は経っているかと・・・
            その頃、まだ赤ちゃんをおんぶして原稿を取りに来ていたYさん。
            その赤ちゃんが今年20才だと。
            その子供さんが、お母さんが家でカタカタパソコンの仕事していたのを
            「おんぶしてもらっていたから覚えているよ」と言うそうなんです。
            そのせいか、二人のお子さんがブラインドタッチは出来るようになってるんですよ。
             ※確かに子連れで来るワーカーさんのお子さんは皆さん、キーボードは好きでした。

            既に50才前になるけど、転職しても
            「社員で事務職に就いています。いつもミスばかりして社長に注意ばかりされていたけど、
            厳しく仕事を指導してもらったから、今、社会でやっていけています」と
            そんなような内容の言葉を言ってくれました。

            当社で在宅ワーカーの経験があったので、パソコン仕事が出来るということで
            事務職に就職できた・・・という話は、そのうわさや本人の声を聴くことは
            私にはすごくお褒めの言葉です。

            今は素人でも作業として、簡単な入力で、即お金になる仕事を望む人が多くなってきました。
            でも、それは、本来「入力のプロ」ではなく、誰でもできる仕事なのですから、
            当社のワーカーさんには「入力仕事のエキスパート」になってももらいたいのです。

            親子で当社で在宅ワーカーをしてくれる人が出たら・・・夢ですね〜
            posted by: ncenter | 出来事 | 17:17 | - | - | - | - |
            在宅ワーカー説明会in三原・・・開催の様子
            0
              三原市内を歩くのは、たぶん記憶にないと思えるので知らない土地に来た感じがしました。
              三原というと、車で通過するだけの主要道路からの景色のみで、
              実際に今回の開催場所の三原市港町という場所は、ヤッサ祭りとかある場所とか。
              三原市役所で会場の許可証をもらい、ペアシティ三原までの少しの散歩道でみた風景は、
              やはりどこの商店街も「シャッター商店街」なんですね。
              日曜日にちょうどテレビの「DASH村」で、広島県三原市にTOKIOが来て、
              お好み焼きの材料を0円で・・・・というタイトルで、材料を探して
              取材していた風景で見た神明鶏、八天堂など、三原の名物の看板がありました。
              八天堂など、こんな小さなお店(丁度閉まっていた)なのに、物作りで全国展開したお店とは・・・
              ちょっと前は、ここに早朝から並ばないと「クリームパン」が買えなかったのに、
              今は、近所のソレイユでも曜日限定で売っているので、身近に買えます。
              そうやって外に出て販売されているため、最近は閉まっているらしい。

              会場は、三原市役所から5分といっても、知らない土地は
              時間は倍かかる。午後からは大雨の予想は外れ。蒸し暑い曇り空。
              時間ぎりぎりに会場入りし、汗だくだく。


              なんとか間に合って、1名欠席で7名の方に説明会をしました。

              尾道から4名、三原から3名でした。
              小さなお子さん連れの人もあり、ある意味にぎやかでした。
              尾三地区はこうした在宅ワーカーの仕事も少ないのかもしれないので、
              当社も今までの募集の条件をちょっと歩み寄り、緩和して
              この地域の人たちにも仕事のチャンスを
              あげられるといいな〜と思っています。

              それにしても、丁度参加された人のお子様達は1歳あたり。
              子供達がじっとしていません。
              仕事はしたいけど、預けてまでは仕事はできない。
              となると、在宅ワーカーしかないと思うけど、
              丁度歩き始めて興味が沸いた時期は、子供は目が離せません。
              確かに、自宅でこういう状態で在宅で仕事をするのは至難の業なのかもしれません。


               
              posted by: ncenter | 出来事 | 14:54 | - | - | - | - |
              ExcelVBA勉強会開催しました
              0
                5/2 19時より先に予告していましたExcelVBA勉強会開催しました。
                部屋の掃除、机のセッティング、パソコンの準備、あわただしく準備し
                やっと開催できました。
                10名の人の参加で、連休前の疲れている夜にもかかわらず
                熱心にみなさん、学んでいただけました。


                テキストは、講師の河村さんが用意してくれました。
                これをつくるのも大変なのにわかりやすい資料が用意できました。
                人数的にも10名だと個別にわからないときには指導できましたので、
                当初15名と募集しましたが、これ位で丁度いい感じでした。

                まったくのVBAとはなんぞや・・・という人もいましたが、
                アンケートの結果、難しかったけど、おもしろかった。という人。
                また、わかりやすかった。2時間という短い時間にたくさんの内容を盛り込んでいたので
                3−4回に分けてもいいんじゃないか?とか、
                ある程度知識のある人には「これさえあれば・・・」と「資料が助かります。」とわかりやすさに
                貴重に思ってくださった感想もありました。
                最後には時間が足りなくて、駆け足で進んだところもあり、もう少しゆっくりと・・・というのが
                みなさんの感想でした。
                これを反省に次の会には改善していきたいと思っています。

                今回は、WEB募集とお取引先様にもお声をかけたら、すぐに数人集まったので、
                身内の在宅ワーカーさんにはお知らせしていなかったのですが、
                中には、勉強したい!!と言ってきた人もいるので、
                ワーカーさん向けにはもう少し、砕いて、もっと素人向けに講習してもらわないといけません。
                今後、この第一歩を繋げていきたいと思っています。

                 
                posted by: ncenter | 出来事 | 19:49 | - | - | - | - |
                在宅ワーカー説明会−開催
                0
                  昨日は、牡丹雪が市内は降っていました。

                  2/6日在宅ワーカー支援センターで弊社独自の
                  企業説明会をさせて頂きました。
                  11名の子育て世代の方達がお子様連れで参加されました。

                  働きたいのに、まだ幼稚園に預ける年齢まで働きに出ることができない!
                  また、保育園に預けたいのに保育料が高くて、短時間の仕事では
                  払えない。

                  でも、働きに行ける時期まで待っているとどんどん、社会から置いてきぼりになってしまう。
                  そんな不安を抱えている人に、在宅ワーカーは適していると思います。

                  何か始めなくっちゃ〜思っている方向けに話をさせて頂きました。

                  私の孫も今6ヶ月。
                  その母親がやはり、社会復帰することを考えている中、
                  保育園の問題もあり、ジレンマであることを身近に知りました。
                  また、第2子のことも考えるとやっと就職みつけても、またすぐに辞めないといけない・・
                  子供が出来る迄と、生まれた後は女性の社会での立ち位置は髄分違ってきます。

                  そんな時期は女性はどうすればいいんだろう〜

                  いずれ働きに出るまでに何か資格を取っておきたい・・・とか考えられるでしょう。
                  しかし、通信講座もお金がかかります。

                  今やどこの家庭でも1台はパソコンはあります。
                  プリンターも携帯電話あると思います。
                  であれば、今もっている設備でパソコンの仕事は出来るのです。
                  あとは、自分がどれだけ努力するか・・・だけです。

                  家庭の中を少しやりくりして、時間を作り1か月1,2万でも自分の働いたお金が
                  作れると1年で12−24万のお金が残ります。

                  そのお金で近い将来の為に、通信講座を受講する費用にも使えることでしょう。
                  また、パソコンのスキルアップもこの1年で、出来ることでしょう。
                  再就職にパソコンのスキルがあることがメリットにもなることでしょう。
                  他にも色々とメリットがあります。

                  自分投資にお金を掛けず、ステップアップとお金を得る事が出来る
                  在宅ワーク。

                  是非、子育て世代の育児だけしている女性、何かやってみましょう。




                  posted by: ncenter | 出来事 | 12:10 | - | - | - | - |
                  在宅ワーカーさん、ある日
                  0
                    今日は、ある企業さんの店舗のデーター管理をする仕事の「入力作業」です。
                    元々、エクセルでデーター入力をしていましたが、今後ずっと続けていくためには、
                    エクセルでは限界があり、アクセスで管理しデーターベース化することになりました。

                    お客様情報の中には、もちろん、住所名前以外に、来店記録を付けています。
                    年に数回のイベントをされ、毎月のようにDMを発送されているるお客様なので、
                    その都度、DMをお持ち下さった方、アンケートに記入してくださった方、
                    メンバーズカードを利用された方等のご来店くださった記録をつけるものです。

                    単に名簿だけなら、簡単なのですが、これらの記録をずっと更新していき、
                    さらに、DMを出す都度、今回の発送するお客様の抽出に条件が付きます。
                    そして来店率などの集計をして納品します。

                    それらの作業を効率よくしていくには、品質のことや手間を考えると
                    データーベース化していかないと無理であることを提案し続け
                    やっと弊社に全て任せて頂けることになったのです。

                    それで、新人のSさんが、約1ケ月余り、アクセスに初めて取り組み、
                    データーベースの大まかな骨組みが完成させ、この仕事をして頂く
                    ワーカーさんを選任し、アクセスを導入してもらいました。
                    そして、毎月、この作業を基本的にやって頂くようになります。

                    今日はそのワーカーさんに来社して頂き、説明をした風景です。
                    特に、何度もこういった風景は過去にブログにも載せたことあるので、
                    珍しくありませんが・・・・



                    2人とも主婦ですが、一人はもう学生のお子様なので一人ですが、
                    もう一人は、まだ育児中。
                    会社の「制作室」と「事務室」と分かれているので、休憩スペース=在宅ワーカーさんの場所で、
                    お子ちゃまは、私の子供達が使っていた壊れた古いおもちゃでも
                    毎回、箱から引っ張り出して遊んでいます。
                    絵本もかなり役に立ちます。



                    説明に時間が掛かるということをお知らせしているので、
                    子供が退屈しないように、おやつや飲み物などを持参しています。
                    それでもお子ちゃまは、しびれを切らし、時々母親を捜し出しますので、
                    その時は、私の出番です。
                    この間、私の楽しみのひとつである「子守」をします。

                    母親がだっこしたままで、説明を聞くときもありますが、
                    母親は集中して説明を聞けないので、ミスに繋がります。

                    聞き分けの良いお子様だと、人見知りもなく、誰かが相手していれば大丈夫。
                    子供の事だから、大きな声を出したり、このエリアから出て、
                    来客がある入り口まで出ようとしたりするので、
                    子守を少しする人が必要になってきます。
                    もちろん、当社のワーカーさんには、お子様の躾についても、心得をお伝えします。
                    会社に連れてくるのに、お友達の家に行くような訳にはいきません。
                    できるだけ、おとなしく一人で過ごせるように、食べ物やおもちゃ、時にはDVD持参など
                    時間を過ごせるように言い聞かせてもらうことも大切です。

                    子供たちが一番喜ぶのは、大きな紙に落書きが出来ること。
                    会社は自宅と違い、カレンダーの排紙や紙が豊富にあります。
                    それらの紙とクレヨンを出してあげると、子供は喜んで書いてくれます。

                    さて、お母さんの用事は済み、子供たちも喜ぶ子、
                    えーーっ、まだ遊びたい!と言う子。
                    中には、原稿をもう少し、復習するために残る人は引き続き子供は遊んでいます。

                    そして・・・退社したあとのこの場所。母親の躾がわかります。(-_-;)
                    私が後かたづけをしないといけない状態か・・・と゛うか・・・というところです。




                    posted by: ncenter | 出来事 | 12:44 | - | - | - | - |
                    NEW GOODS−1
                    0
                       社内に新しい優れ物をご紹介します。
                      といって、珍しい物ではありませんが、
                      複合機です。


                               ※真剣にみんなコニカさんに質問して聞いています。

                      5月の初めに導入したコニカbizhubC224です。
                      弊社にはオンデマンド機とFAX受けがメインの複合機がありますが、
                      両方ともコニカ製です。
                      FAX複合機はカラープリントも出来るので優れ物ですが、
                      これが、かれこれ10年以上の年期物でした。
                      壊れてはいなかったのですが、部品供給が終わってしまうので
                      やむ得ず買わなくてはいけなくなりました。
                      日本ってこんなところが、無駄が多いとつくづく思いました。
                      結局、部品がなくなると修理ができないから、買い換えないといけないのですね。
                      といっても、コニカさんには10年以上も経った古い機械のメンテナンスを
                      保守料で直すのですから、申し訳なかったです。
                      やっと、やっと購入です。
                      しかし、これは待ちに待っていたのです。
                      というのが、オンデマンド機は、カラーか、単色しか出ないのですが
                      今度は2色プリントやコピーが出来る。

                      弊社は、原稿枚数が多いものをプリントすることが多いので、出来ればカラープリントしたいところ。
                      しかし、カラープリントを毎回していると、請け値の原価割れしてしまうのです。
                      それでやむ得ず、黒1色でなるべくプリントするようにしていました。

                      ワーカーさんにも、入力原稿を出来れば赤、黒2色で出してあげれば
                      入力もし易いのに、我慢してもらってました。
                      でも、これからは思う存分(笑)プリント出来ますよ。
                      おまけに、古い複合機だったので、みんなはFAXくらいしか使用していませんでしたが、
                      私は自分のいる部屋にこの複合機があったので、スキャナなどにも使っていましたが、
                      今度は詰まったりせず、またPDFにもなるし、FAXからメールも送れます。
                      ただ、使いこなせるか・・・という心配も・・・

                      この複合機を導入してから、やたら、みんながこちらの部屋にやってきます。
                      プリントを新しい複合機でどんどん出しているのです。
                      オンデマンドは??「だって、こっちの方がカウンター料金が安いから」・・・
                      ハァ、そうなんです。新しい契約だから、安くなっているし綺麗だし、
                      みんなこっちを使うのです。コニカのサービスの方曰く、
                      「あちらの機械、カウントが増えていませーーん」(笑)
                      大活躍です。
                      posted by: ncenter | 出来事 | 18:09 | - | - | - | - |